• ニコチンの影響を知りましょう
  • 禁煙の関連ワード
  • タバコを持つ人

主に何がある?禁煙することのメリットとデメリット

世の中はまさに禁煙ブームといった様子となっており、喫煙者にとってはかなり肩身が狭い世の中となってしまいました。
一昔前のドラマなどを見ていると、当たり前のように会社の事務所でタバコを吸っている様子が見られますが、今となっては信じられないような光景となりました。

当然体のことを考えれば、禁煙した方が良いと言うのは誰もが知っていることではありますが、禁煙することによるデメリットもあることを覚えておきましょう。
例えば、喫煙者にとって喫煙所はコミニュケーションの場ともなります。
会社や客先等でも、普段なかなか接することがない人たちと接触する良い機会となることが多々見られます。
喫煙することによって人との交流を深められることもあるわけです。

逆に言えば、これまでタバコを吸っていた人が禁煙をしたことによって、休憩時間の過ごし方がよくわからなくなってしまったと言う方もいます。
喫煙歴が長ければ長いほど、いざタバコをやめたときに何をしたら良いか分からなくなるものです。
喫煙をお勧めするわけではありませんが、無理に禁煙したことによってストレスを溜め込んでしまい、逆に病気になってしまったという例もありますから一概に禁煙することが絶対的にすべての人にお勧めできるとは断言できないものでもあるでしょう。

ただし、喫煙が原因によってすでに何かしら病気になってしまっており、ドクターストップがかかっている場合などは出来る限り早急に禁煙をした方が良いでしょう。
タバコを吸わない人にとって、喫煙することのメリットは当然ゼロと考えられますが、上記に例を挙げたように多少はメリットもあります。
特に最近では喫煙者の肩身が狭くなっていますから、喫煙者同士の交流も以前より深くなったという考えもあります。
そのような状況を上手に利用すると、会社の上司に気に入られたりお客様の印象を強くするといった効果も得られる可能性はあるでしょう。
そのようなことが喫煙のメリットと言えそうです。

禁煙成功するまで喫煙者とはなるべく接触しない

ただし、世の中では大多数の人が喫煙者に対して悪いイメージを抱いていると言っても良いでしょう。
喫煙のデメリットとして最初に挙げられるのが健康問題ですが、これは必ずしも喫煙者本人のことに限られません。

当然喫煙所の周辺にいる人も副流煙などによって迷惑を受けることとなります。
会社での休憩時間もそうですし、街の居酒屋などでもタバコを吸わない人にとって、あの独特な匂いがする煙は苦痛以外の何者でもありません。
近年ではほとんどの飲食店で分煙化が進んでいますし、中には完全に禁煙となっているところも少なくありません。

さすがに居酒屋ではまだまだタバコを吸うことができるところも多いですが、いずれは居酒屋でも完全禁煙となるようなところも増えてくることが予想されます。
タバコを吸わない人にとっては、ヤニ臭い人と接触するだけでも不快感を感じると言う人も少なくなく、ある意味では女性にモテたいのであればタバコを吸わないほうがメリットがあると言えるかもしれません。

喫煙者にとっては分かりませんが、タバコを吸い過ぎるとかなり口が臭くなることがあります。
特に年配の方にひどい方が多く見られます。
人と話す機会が多い方は、実現するのであれば講口臭を予防するような努力をするべきですし、出来る限り早く禁煙を成功させるように努力することも必要となるかもしれません。

また、いちど禁煙に成功した人でも、数年後に何かのきっかけでまたタバコを吸い始めてしまったという例は数え切れません。
周囲の人の協力も必要ですし、人から勧められてもきっぱりと断る精神力も禁煙では必要となるでしょう。
最終的な判断は自分自身で下すものですが、タバコを吸うことのメリットとデメリットをしっかりと把握しておくことが必要でしょう。