• ニコチンの影響を知りましょう
  • 禁煙の関連ワード
  • タバコを持つ人

受動喫煙により妊婦や胎児が受ける健康被害

妊娠をすると、健康な赤ちゃんを産むために食事など普段の生活に気を使う妊婦は多いです。
そんな中、最も妊婦が気をつけなければいけないのが受動喫煙です。
この受動喫煙とは、周りの人が吸っているタバコの副流煙を吸い込んでしまうことです。
家族の誰かが吸っていたり、喫煙室がない飲食店などで受動喫煙に晒されやすいものです。
タバコの副流煙を妊婦さんが吸うと、血中に溶けこみ、へその緒を通じて赤ちゃんに届くことから、妊婦や胎児が健康被害を受けてしまいます。

具体的な健康被害を挙げていくと、まずタバコの成分によって妊婦の血管が収縮するために、スムーズに胎児に栄養が届かなくなります。
その結果、赤ちゃんの成長が遅れたり、低体重、ダウン症になる危険性が生じます。
その他にも、健康に育たないことから、出産後、ぜんそく、アレルギーなどの症状が出る確率が高くなります。
また、先天性心疾患、手足の欠損などの先天性異常も起こりえます。

それと、妊娠初期は、赤ちゃんの脳や脊髄などの形成がされる大切な時期です。
この時期に受動喫煙に晒されると、無脳症などのリスクを高めることになります。
さらに、死産、流産、早産などのリスクも出てきます。

さらに、受動喫煙は、胎児だけでなく、妊婦にも様々な健康被害を引き起こします。
まず、血管が収縮することから、心拍数が上がって息切れを起こしてしまいます。
さらに、体が冷える、咳き込むなどの症状が現れることもあります。
このような健康被害があることから、自分が吸っているわけではないので大丈夫と受動喫煙を軽視するのは危険な考えといえます。

受動喫煙の健康被害から身を守るには、徹底的に喫煙者を避けることが大事です。
たとえば、レストランで食事をする際は、完全に禁煙を掲げているお店を選ぶようにします。
また、会社でも、なるべく喫煙室から離れた場所に席を用意してもらうなどの対策が必要です。
もちろん自宅でも、家族に協力してもらいタバコを吸わないようにお願いすることが大事です。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の具体的な発症率

赤ちゃんを育てる上で一番恐ろしい病気が、乳幼児突然死症候群(SIDS)と呼ばれるものです。
これは、今まで普通にミルクを飲むなど元気に過ごしていた赤ちゃんが突然、眠るように亡くなってしまう病気です。
事故や窒息ではなく、ある日、いきなり原因不明のまま亡くなってしまうのです。
この乳幼児突然死症候群は、日本ではおよそ6千人から7千人に1人の割合で発症しているといわれています。
特に生後2ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんに発症率が高いとされています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)が引き起こされる原因は、未だにはっきりとは解明されていないです。
ただ両親の喫煙が主な原因なのではと推測されています。
というのも、両親がともに喫煙者の場合、喫煙していない両親の約4.7倍も発症率が高くなると報告されているからです。
したがって、タバコの副流煙は、体が小さい赤ちゃんにとって良くないものといえます。

その他にも、大人が赤ちゃんのすぐそばで眠ることも乳幼児突然死症候群の原因と推測されています。
なぜなら、すぐ近くで寝ていると、無意識のうちに大人が赤ちゃんに覆いかぶさって胸部を圧迫したり、頭部や胸部に腕を振りおろすことがあるからです。
赤ちゃんにリスクを与えるので、とても危険な行為といえます。

乳幼児突然死症候群のリスクを少しでも軽減させる為には、タバコや両親の添い寝を控えるようにすることが大事です。
特にタバコの副流煙は、喫煙後に髪や顔に付着していることが多いです。
そのため、喫煙直後に赤ちゃんに接してしまうと、付着した副流煙を赤ちゃんが吸い込んでしまう可能性があります。
なので、赤ちゃんに毎日触れている両親は禁煙をしたほうが良いです。